沈思雑考Blog

ソレイユ経営法律事務所の代表である弁護士・中小企業診断士
板垣謙太郎が日々いろいろと綴ってゆく雑記ブログです。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 2021年12月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • アーカイブ

  • 法律相談
  • 顧問契約

305)悲観は気分、楽観は意志

有名な「幸福論」を書いたアランの言葉である。

アランいわく、
「悲観主義は気分によるものであり、
楽観主義は意志によるものである。」とのこと。

また、アランは、続けてこうも言う。
「気分にまかせて生きている人はみんな、
悲しみにとらわれる。否、それだけではすまない。
やがていらだち、怒り出す。」
「ほんとうを言えば、上機嫌など存在しないのだ。
気分というのは、正確に言えば、いつも悪いものなのだ。
だから、幸福とはすべて、意志と自己克服とによるものである。」

また、ノースカロライナ大学の
バーバラ・フレドリクソン教授の研究によると、
「ポジティブ感情とネガティブ感情には黄金比があり、
3:1以上の割合であると自己成長につながり幸福感が高まる。」
ということらしい。

ネガティブな感情「1」が生じた場合、
ポジティブな感情「3以上」を抱くと幸福感が高まる!
ということなんだね。

この2つの見解を総合すれば、
「気分に流されているとドンドン悲観的になるので、
その3倍の勢いでポジティブな感情を意識的に抱き続ける!」
というのが、幸福になる近道ということだ。

この考え方は、今の世の中にはとっても大切だよね。

昨今の報道は、とにかくネガティブなことばかりだ。
この御時世で、妙に楽観的な報道をすると、
たちまち、クレームが舞い込むからね。

まあ、報道サイドは、ネガティブ報道をしておけば、
とりあえず、無難に過ごせるということなんだろう。

耳に自然に入ってくる情報がネガティブばかりならば、
我々の脳は、ドンドン悲観的になってしまう。

それならば、意識的に、意志の力によって、
自らを鼓舞して、楽観的な脳へと誘導する必要がある。

私の場合は、とにかく、家族と楽しく過ごす!
このことに尽きる感じだ。

家族との時間を意識的に楽しんでいれば、
私の脳は、ポジティブ感情に満たされている感がある。

意識的にポジティブ感情を抱く!
このことは、死ぬ直前まで、ずっと続けるべきだね。

ということで、世論的には、いろいろ批判はあるが、
個人的には、近く開催される五輪を心底楽しみたい!

きっと、開催されてしまえば、
日本全体の元気を取り戻す契機になるだろう。

そして、何よりも、
私自身のポジティブ感情の充電のためにもね。